容量の大きいデータを保存|データが消えても大丈夫|データ復旧なら業者にお任せ!
男性

データが消えても大丈夫|データ復旧なら業者にお任せ!

容量の大きいデータを保存

ファイル

クラウド機能を活用しよう

一昔前であれば、容量の大きなファイルは圧縮してメールで送るか、CD-Rに焼く(焼くという言い方自体、懐かしいですが)、もしくは他のメディアに保存して相手に渡すのがファイル共有の一般的方法でした。また、自分自身でデータを保管する際には、ハードディスクや他メディアにコピーしてバックアップを取っていた方も多いかと思います。しかし、個人でもクラウドでファイル共有が簡単に出来る様になった今、昔のようにファイルを送ったり、データを保管していたりすると、相手が取引先の場合は、会社のレベルを問われたり、リスクヘッジという意味で信用問題にも関わることにもなります。クラウドソーシングが出始めの頃は、「ネットワーク上でファイル共有するなんて」という心配の声も聞かれましたが、今では初期に比べ環境も整い、格段にセキュリティ面はUPしています。ちなみに、クラウドストレージよりさらに進化したファイル共有サービスがあるのはご存知でしょうか。

データを扱う方法

クラウドのファイル共有とは、簡単に言えば、各端末にデータを保存するのではなく、インターネットのサーバー上でデータを保存し、ファイル共有する方法です。種類や各社のサービスによりますが、データを編集すると、ほぼリアルタイムにデータが更新されて、修正箇所を他人がすぐチェック出来るようなものもあります。一方で、最近では原点回帰ということで、送受信速度が極めて速いファイル共有サービスが出始めてきています。このようなサービスは、スマホアプリでも使えるようなものが多いです。スマートフォンが普及した今、仕事で使うエクセルやワードなどのファイルだけでなく、写真や動画などスマホに入っているデータを共有したいという動きが、このようなPCを介さないデータ共有方法を生んだのかもしれません。当然ながら、このサービスは仕事上のファイル共有にも使えるので、活用したいものです。