大事なデータの復旧方法|データが消えても大丈夫|データ復旧なら業者にお任せ!
男性

データが消えても大丈夫|データ復旧なら業者にお任せ!

大事なデータの復旧方法

HDD

ファンレスタイプの弱点

業務に使われているPCでは、財務データや個人情報データ・設計データなどさまざまなデータを扱います。そうした重要データは何らかの形で保存しておくことが必要ですが、かつてはフロッピーやMOといった外部記憶メディアに記録するのが普通でした。大きなオフィスではファイルサーバーにデータを集約し、クライアントPCがネットワーク経由で利用できるようになっています。最近では高速インターネット回線を利用してクラウド上にデータを保存する動きも広がっています。一方では小規模オフィスを中心として、重要データであってもhddに保存している例は決して珍しくありません。特にUSB接続の外付けhddは近年の大容量化が著しく、大量のデータを手軽に保存できるようになりました。面倒なネットワーク設定が不要で使い勝手の良い外付けhddは便利なものですが、重要データを保存していたhddが認識できなくなると業務に支障が出てきます。認識できなくないといったトラブル例は、特に安価なファンレスタイプの機種で多発しています。故障率の高いファンレスタイプの外付けhddでも、データ復旧センターに持ち込めば重要データが復元可能です。

データ復旧率が高い理由

外付けhddが認識できなくなる原因としては、大きく分けて論理障害と物理障害の2つがあります。OSのファイルシステムやパーティションテーブルなどが何らかの原因で損傷すると、機械的には正常でもデータが読み出せなくなります。こうした状態を論理障害と呼んでおり、この手のトラブルでも真っ先に疑われる事例です。ファンレスタイプの製品では筐体が高温になりやすいため、外付けhddそのものが機械的に損傷を受ける物理障害も少なくありません。データ復旧センターではそうした場合でも外付けhddを分解した上で故障したパーツを交換し、データの読み取りを可能にしています。他の手段では復旧が困難な重度の障害例でも、重要データだけを救い出して別メディアに記録することができるのです。高度な技術力に加えて豊富に用意された交換パーツとクリーン環境により、認識不能に陥っていた外付けhdd内の重要データが高い確率で復活しています。一般にhddの寿命は約1万時間と言われており、新品購入から4年前後で故障率が高くなるのが普通です。万が一の事態にもデータ復旧センターに依頼すれば、自力では取り出せなかった重要データを復元できるのです。