女性

データが消えても大丈夫|データ復旧なら業者にお任せ!

データ消失でも安心

パソコン

企業が扱う重要データはアナログからデジタルへと変遷しました。これにより膨大なデータを瞬時に扱かえるようになったほか大量のデータを限られたスペースで効率よく保存できるようになるなど多くの恩恵がもたらされました。その一方でパソコン内に保存しているデータが瞬時に失われてしまうなどアナログ時代には考えられなかったトラブルも頻発しています。このようなトラブルはソフトやOSの再インストール時などに多く発生するほかパソコンを落下させてしまったり落雷が発生した時などにもよくおこります。このようなトラブルの際に最も大切なことは自分で復旧作業を行わないことです。パソコン内のデータはトラブルが生じた後にはどんどん崩壊する特徴があります。そのためパソコンから重要なデータが読みだせないなどのトラブルが生じた際には専門店に依頼してデータ復旧を行うことが大切となるのです。

パソコンからデータを読み出せなくなるトラブルは大きく分けるとプログラムやデータに問題が生じることによって発生する理論障害と落下や落雷などによるハード面の損傷から発生する物理障害に分けることができます。専門店に依頼すればこのような理論障害や物理障害などから発生したデータ消失に見舞われた際でもHD内から失われたデータを復旧することが可能です。また企業内で使用しているパソコンの場合には重要機密などのデータが含まれるため社外に持ち出すことに躊躇してしまいますが、専門店ならデータ復旧の際に機密保持契約を結ぶことができるので安心してデータ復旧を依頼することができます。理論障害や物理障害が発生したパソコンは通電するたびに復旧が難しくなります。そのためパソコン内のデータが読み出せないなどのトラブルが生じた際にはできるだけ早く専門店に依頼してデータ復旧を行うことが重要です。企業内で使用しているパソコンのデータが読み出せなくなるトラブルが発生した際は社内で対応するのではなく専門店に依頼してデータを復旧しましょう。

容量の大きいデータを保存

ファイル

一昔前は、大容量のファイル共有をするには、メール送信か他メディアにコピーして渡すのが主な方法でしたが、今ではクラウドストレージでファイル共有をする方法の他に、極めて送受信速度が速いデータ送信サービスが出始めてきています。

読んでみよう

大事なデータの復旧方法

HDD

オフィスでは重要データをファイルサーバーやクラウド上に保存する動きも広がっています。大容量化が進む外付けhddへのデータ保存も、小規模オフィスを中心に少なくありません。ファンレスタイプの外付けhddは故障率が高い弱点もありますが、認識できない場合はデータ復旧センターで重要データの復元が可能です。

読んでみよう

ネットを使用した会議

ミーティング

企業が離れた場所同士で会議を行う場合、web会議システムを利用することがある。web会議システムは、インターネット回線で利用でき料金も安い場合が多い。これらのサービス利用では、映像や音声の品質が比較ポイントになる。

読んでみよう